読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便秘に効く食べ物&便秘を解消する食事のコツ

多くの女性が悩む便秘ですが、実際は女性だけでなく男性も便秘に悩む人が少なくありません。株式会社サン・クロレラが公開した「お通じに関する実態調査」によると、女性の2人に1人、男性の4人に1人が「よく便秘になる」「たまに便秘になる」と答えています。

またこの調査では同時に、食べ物による便秘の解消法が最も人気であることが分かっています。便秘は病院にいけば即治るというものではなく、生活習慣を改善することが必須です。中でもとりわけ影響が大きいのが食事ですから、食改善の意識を保つことは便秘解消にとってとても大切なことです。

このページでは、まず便秘を解消するための食事のコツを確認し、その後便秘に効く食べ物を挙げていきたいと思います。

続きを読む

いびきを治す方法まとめ うるさいいびきを確実に改善するには

いびきというと、つい軽く考えてしまう人もいると思いますが、実際はもっと恐ろしいものです。

まず、いびきは人間関係を破壊します。製薬会社エーザイが行ったいびき調査によると、既婚女性158人のうち、9割の人が「夫がいびきをかく」と回答し、そのうち8割の人が「夫のいびきを何とかしたい」と回答しました。特に呼吸が止まるいびき(睡眠時無呼吸症候群:SAS)の場合、うるさいだけじゃなくて怖いんですよね。かなりのストレスになります。

また、エスエス製薬が行ったアンケートでは、男性の41%、女性の15%がいびきをかき、男性だけでなく女性も自分のいびきに悩む人が多いことが分かっています。

さらに、いびきは睡眠時無呼吸症候群や高血圧症、糖尿病、心臓病、脳卒中などの重い病気の原因になり、中には死に至る人もいます。いびきを改善せずに放置することで人生が狂ってしまう、なんてことは大いにあり得るのです。

今回はそんないびきを治す方法について、書いていきたいと思います。

続きを読む

にきびを治す方法 大人・思春期にきびを確実に治すには

にきびがない人というのは、実はほとんど存在しません。にきび治療推進委員会の調査によると、20代女性の97%が隠れにきび(白にきび・黒にきび)にかかっていることが判明しました。また、6割の女性が誤ったセルフケアでにきびを悪化させた経験があるそうです。おそらく男性もかなり多いでしょう。またビデオリサーチの調査によると、20代の男女が初対面の異性で気になる肌状態No.1が「にきび」なのだそうです。

今回はそんな厄介なにきびを治す方法について、まとめてみたいと思います。

続きを読む

二日酔い予防に効く食べ物11種

酒を飲む以上、避けては通れないのが二日酔いの問題。私たち日本人(モンゴロイド)はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人が多く、二日酔いになりやすい人が多いです。酒は飲まないのが一番なのですが、もし飲む場合は二日酔い予防ぐらいはしっかり行っておきたいところ。

今回は二日酔い予防に役立つ食べ物を11種載せてみました。

続きを読む

痔を治療するために知っておきたい10のコト 手術なしで治すには

日本人の3人に1人がかかっているといわれる「痔」。痔を「恥ずかしい」と思い、病院に行かず、治すことができずに悩んでしまう人が多いといわれています。

しかし痔は大腸がんと間違う危険がある上に、悪化することでがん化することもある危険な病気です。治療せずに放っておくわけにはいきません。

今回は痔について「これは知っておくべき」ということについてまとめてみたいと思います。

続きを読む

不眠症を薬なしで改善・解消する方法 眠れない人が行うべき行動療法

生活が不規則になりやすい現代では、より不眠症に悩む人が増えていると言われています。成人の3人に1人は時々不眠になり、10%~15%の人は慢性的な不眠に悩んでいるとも。思うように眠れないのって、つらいですよね。

私も不眠症だったことがあります。しかし薬を使わない"ある方法"で大分改善した経験があるので、今回はその方法について書いてみたいと思います。

続きを読む

小島よしおダイエット本の感想。「カロリー関係ねぇ!」はあり得ねぇ!

小島よしおさんの自身初のダイエット本「カロリー関係ねぇ!」を読んでみました。読む前は「なんか独特のアイデアとかで面白い内容があればいいな」と思ったのですが、まあその期待は裏切られましたね・・・。

それだけでなく、ちょっと疑問に感じる部分もありました。これから感想をつらつらと書いてみます。

続きを読む

仮眠・昼寝の効果を最大限引き出し、脳の働きを常に高く維持する方法

仮眠や昼寝の効果については昔から研究されており、思考が鋭くなったり記憶機能が増したり注意力が増したりと、脳のパフォーマンスを高める効果があることが分かっています。米国立精神衛生研究所(NIMH)はパワーナップ(仮眠)に関する報告の中で「私たちは”仮眠を勤務中にとるのは悪いことだ”と思い込むのをやめるべきである」と述べています。

そんな仮眠・昼寝について、では具体的にどうすればその効果をうまく引き出せるのか、専門家の話*を参考にしつつまとめました。  

*参考文献
[1] 脳も体も冴えわたる 1分仮眠法 坪田聡 著
[2] 朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則 菅原洋平 著

続きを読む

春香クリスティーンは「桃とコラーゲンの美的ハーブ」ダイエットだけで痩せたのか?

春香クリスティーンさんが「桃とコラーゲンの美的ハーブ」を使った1か月のダイエット企画で6.4kg減量したそうです。この企画は生活の飲み物を全部「桃とコラーゲンの美的ハーブ」に置き換えてダイエット生活を送り、1kg減量ごとに1万円の賞金、5kg減量できなかったら罰ゲームというものでした。

しかし実際のところ、この「桃とコラーゲンの美的ハーブ」のダイエット効果はどの程度あるのでしょうか?

続きを読む